Site Overlay

LED照明にはどんな特徴があるの?一般的な電気照明とどちらがお得?


LED電球と照明器具の特徴

LED照明は発光ダイオードという物質の特徴を生かした照明です。発光ダイオードは電圧を加えると発光する性質があります。白色発光するので照明器具にも利用されるようになりました。LED照明の器具の特徴として非常に長持ちするという特徴があります。また、電気料金が安く済むという特徴もあります。

LED照明の電球や照明器具は一般の照明器具よりも割高です。しかし、長持ちするので長い目で見るとお得といえます。その上に電気料金が安く済むので結果的にはLED照明はコスパのいい照明と言えます。

LED照明の電球や器具が長持ちする理由

LED照明には赤外線や紫外線をほとんど含まないという特徴があります。赤外線にはものを温めるという性質があります。そのため赤外線を含む光線を発する照明器具は長時間使用すると温度が高くなります。一定以上の温度になると照明器具な度に使用されている素材が熱で劣化してしまうことがあります。LEDの場合には赤外線の量が非常に少ないので長時間使用し続けても温度が上がりません。高温による劣化が非常に少ないのです。この特徴には熱による発火のリスクを減らすという利点もあります。

LED照明の電気料金が安い理由

一般的な照明器具の場合には電気エネルギーを光エネルギーに転換することによって照明しています。しかしLEDの場合には発光ダイオードの発光という性質を利用した照明なので使用電力が抑えられます。発光ダイオードの発光効率が非常に高いので電気料金が非常に安く済むのです。一般的な電球は寿命が来ると急に消えます。それに比べるとLED電球の寿命は発光ダイオードの劣化によるものなので、徐々に暗くなっていきます。急に電球が切れて困るということが起こりにくいのです。

LEDライトパネルは厚みが薄く設計されています。LEDの消費電力は蛍光灯よりも長寿命です。行灯型と比べ超極薄のLEDパネルは場所を取らず、持ち運びも簡単で内装、展示会、メニューボードなど多様な使い方が出来ます。