Site Overlay

知っていましたか?薬を飲まないうつ病治療


自分には関係ない?うつ病は身近な病気

うつ病患者数は増加傾向にあります。その発症の原因は様々でこれと特定できるものはありませんが、体が丈夫だから病気とは無縁と安心していられないのがうつ病です。日々のストレスや生活の中で起こった出来事がきっかけとなり、脳内での活動の変化によって発症すると考えられています。うつ病を発症すると気分が沈む、やる気が出ないといった精神的な症状だけでなく、倦怠感や眠れないといった身体的な症状も現れます。

服薬によるうつ病治療

うつ病治療には抗うつ剤による薬物医療があります。服用の際の注意点として、効き目を感じられるのに日数が必要な事や、吐き気や頭痛等の副作用が挙げられます。また、抗うつ剤が効かない、という患者さんがいるのがデメリットとしてあります。うつ病の一般的な治療法とされてきた抗うつ剤ですが、患者さんの中には薬は服用したくないという人もいます。そこで新たな選択肢として挙げられるのが磁気刺激治療です。

うつ病治療の新しいかたち

磁気刺激治療は薬物を使わない治療方法です。うつ病発症に関係する脳へ磁気による刺激を与え症状を改善していきます。薬を使わないので副作用の心配もなく、効果を感じるまでにかかる期間も早いと言われています。抗うつ剤が効かなかった患者さんにも効果があったという報告も確認されています。また治療期間や治療費も投薬よりも少なく済み、新しいうつ病治療法として注目されています。

国内で磁気刺激治療が可能な病院はまだたくさんあるわけではありませんが、投薬に代わる新たな治療法として一般的になっていくのも遠い未来ではないかもしれません。万が一の事が起きた場合、選択肢として磁気刺激治療の存在を覚えておくと効果を期待できそうですね。

光トポグラフィーは、大脳皮質の機能を脳の表面に沿ってマッピングするために近赤外光を使ったやり方です。